SNSをやめる。FACEBOOK、twitter、LINEを絶つ

スポンサーリンク

執筆者:G.M、30代、男性

 

SNSをやめると以下のようなメリットがあります。

  1. ゆっくりと考える時間を取れる
  2. 読書に時間をさくことができた
  3. 友だちづきあいが変わった

 

 

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは、Facebook、Twitter、Instagram、LINEといったものでいつでも気軽に友人と連絡を取り合うことができるものです。ふと思い立って、あえてSNSをやめることにしました。

 

 

電車待ちをしているときや、人と待ち合わせをしているときなんかにこれまではよく時間つぶしにSNSを利用していました。ふと気づけばスマートフォンをいじっている。SNSをやめることで、これらの時間が意外とあることに気がつきました。5分、10分と一回の時間は短いものの、これからの段取りや、仕事上の対応策なんかをじっくりと検討できる。これは盲点だった。

 

 

スマートフォンにKindleといった電子書籍を読むアプリをインストールしておき、SNSをする代わりにこっちを起動するようにした。すると読書がものすごくはかどる。先週なんか1週間で3冊もビジネス書を読むことができた。仕事も順調に進み、いいことだらけです。いわゆる「積ん読」になっていた書籍の山が、どんどんなくなっていくのを見るだけでも気分爽快。精神衛生上にもオススメです。

 

 

SNSではなくて直接友だちと会う約束をすることが多くなった。これまではSNSで友だちにメッセージを送信して分かり合えた気になっていたが、やっぱり直接会って顔を合わせるとすごく楽しい。また、SNSのメッセージでは書けないことなんかも話し合うことができて有意義です。今まで以上に友だちとの付き合い度合いが深くなった気がする。

 

 

ワンポイント

スマホを見るのなら本を読んだり、いっそのこと電子書籍を読むと言うのもおすすめです。6インチくらいの端末に数十、数百冊の書籍を入れておけるので携帯に便利で、空き時間にさっと読むことができます。紙の書籍より安い場合も多いので読書家の方には電子書籍がおすすめ。

 

Kindle Paperwhiteで電子書籍を始める

SNSをやめる方法

インターネットのようなデジタルをすべてやめてしまうデジタルデトックスとは異なり、SNSをやめるだけなので簡単にやめられます。スマートフォンにインストールしてあるFacebookやLINEといったアプリをすべて削除。さらにブックマークも削除。スパッとやめるにはコレがベストな方法です。

ワンポイント

アカウントを消してしまうというのもありです。ただ一度消してしまうと復元できないので注意。

 

 

むしろこうすることで、友だちから「あれ?何度かメッセージを送っているけど届いてる?」と連絡があって、SNSをやめたことを話すと、そこから話が盛り上がったりします。話のきっかけにもなるので、SNSをやめて良かったなって思ったりもします。

 

 

あと、完全にSNSをやめるのは難しいと思ったら、「1日5分まで」という自分なりのルールを決めておくこと。SNSをやめてある程度日数が経てば、使わないメリットに気づき、完全にSNSをやめることに成功します。SNSよりももっと生産的なことにどんどん時間を使えるので、いいことづくめです。

 

 

ワンポイント

LINEは送ってから少し経って返信が来てと少し空き時間があります。空き時間がある分、電話よりも時間を取られる可能性が高いです。LINEでメッセをするくらいなら通話してしまうと言うのもありだと思います。