ライブ後の耳鳴りの予防方、治療法

ライブ後に耳鳴りが止まらない…。予防、治療方法

スポンサーリンク

ライブ後は爆音で耳鳴りがするという人は多いです。火薬を使った爆発音、破裂音で耳をやられるというのが原因の一つです。またスピーカーの近くで大音量にダメージを受けるということもあります。

 

ライブ中は楽しいですが、終わった後にダメージが残ると楽しかった思い出も悪い思い出に変わってしまいます。なにより耳は一度壊すと治りません。適切な予防、もしなってしまっても正しい治療法で治しましょう。

 

ライブの耳鳴りの予防法

耳栓を使いましょう。これが一番です。

 

耳栓と聞くとライブの音が聞こえなくなるのではないかと思うかもしれませんが、聞こえます。問題ありません。

 

普通の耳栓だと低音域から高音域まで全音域をカットするので聞こえる音が小さくなったなと感じます。

 

これが普通の耳栓ではなく、ライブ用の耳栓だとライブに最適化されているので音楽の魅力を極力低下させないように作られています。

 

これまでライブ後に耳鳴りがする、した経験がある人はライブ用耳栓を付けることをおすすめします。

 

ライブ用耳栓

CRESCENDO クレッシェンド イヤープロテクター Music ライブ用

CRESCENDO クレッシェンド イヤープロテクター Music ライブ用

 

→amazonで購入する

 

→楽天で購入する

 

ライブ用(観客、オーディエンス)以外にも演者に最適化したものもあります。演奏者用にはボーカル、ギター、ドラム、管楽器用があります。

 

音楽用途以外にも集中力を上げるためのオフィス用、深い睡眠のための快眠用があります。

 

ライブ用を使ってみた感じだとギターの高音域がマイルドになりました。高音域は耳に結構ダメージが来るのでこれは助かります。

 

あとは火薬の破裂音も少しボリュームダウン。

 

大きい歓声もカット

また女性が多いライブだと後ろから悲鳴にも近い叫び声が聞こえてきて耳がやられることがありましたが、これも楽になりました。

 

周りの観客の声はいきなり出されますし、距離が近いので鼓膜にダメージを与えます。女子の多いライブ(有名男性アーティストライブや男女混合のフェスなど)は必携です。

 

ライブ用耳栓は数百円くらいの低額のものと比べるとお高いですが、洗って再利用ができます。洗えるので衛生面でも良いですし、何個も買い替えることを考えると経済的にも良いです。ついでにエコですね。

 

一度落ちたら戻らない聴力を保護するためにもライブ用耳栓(イヤープロテクター)はつけた方が良いです。

 

病院にかかると1回4000円くらいするのでちょっと高いと思っても耳栓は購入しておくのが良いでしょう。

 

治療法

耳鼻科に行きましょう。専門家にかかるのが一番です。

 

ライブが終わって次の日も耳鳴りが続いている場合鼓膜、内耳がやられている可能性が高いです。

 

ライブの3日後とかではなく、1日後に耳鳴りが続いていたらすぐ病院にいきましょう。

 

耳鼻科で検査されること

  1. 聴力検査
  2. 鼓膜検査(外傷)
  3. 問診(耳鼻科医のヒアリング)

 

以上のことを耳鼻科がやってくれます。

 

私も何回かいってますが、ライブ(コンサート)で耳鳴りがするときは「音響外傷」と診断されます。

 

音響外傷(おんきょうがいしょう、または音響性外傷〈おんきょうせいがいしょう〉、Noise-induced hearing loss、Acoustic trauma)とは、強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受け難聴などが生じる聴覚機構の損傷を受けることである。
出典:wikipedia

 

症状として4000hz(ヘルツ)という周波数の音の聞こえだけが極端に落ちています。似たような症状の突発性難聴というものおありますが、ライブ後はほぼ音響外傷です。

 

治療法

医師によってことなる可能性があるので一例です。

 

  1. ステロイド
  2. ビタミン剤
  3. 胃薬

 

以上のものが処方されます。服薬して1週間ほど後に再度来院して治っているかの確認です。

 

まとめ

人の体質によって強い弱いはありますが、耳はデリケートな部分です。

 

耳が悪くなると普段の生活でも会話がしんどくなったり、好きな音楽が楽しめなくなったりと支障がでるので耳栓で保護、万が一異常が出たらすぐ医者に行くようにしましょう。