靴紐の長さの調整方法

スニーカーを購入したけど靴紐が長すぎる!

スポンサーリンク

靴紐長すぎ!買って家に帰ってから気づくことが良くあります。

 

原因は靴紐をきつく締めすぎていて
必要以上にひもが余ってしまう場合やそもそもひもが長すぎる場合など。

 

靴紐が余りすぎていると歩いてる時に紐を踏んでひもがほどけたり、
転んだりとろくなことがありません。

 

なんとかしてみましょう。

 

スニーカーはもちろん、革靴でも可能なので
悩んでいる人は実践してみてください。

 

結び方を変えてみる

普段の結び方より複雑な結び方をして、ひもを多く使うという方法です。
今あるものでできるので楽チンです。例えばこんな結び方があります。

 

 

 

 

靴紐の長さの調整方法
出典:buzzfeed(英語)

 

以上のような結び方が靴紐をしっかり使う結び方です。
おすすめとしてはJの「TWIST」がおすすめ。

 

短い靴紐を購入する

シンプルな方法です。

 

今ある靴紐の長さをはかってそれより短いものを購入するだけです。
くつひもって色違いだけでなくサイズもいろいろあります。

 

→楽天市場で「くつひも」を見る

 

面倒くさがりの人にはこれがおすすめです。

 

靴紐を切る

思い切ってきってしまうのも一つの方法です。

切ったままだとひも先からほつれてくるので処理をします。

 

セロハンテープだとすぐにめくれてくるのでひと手間加えてあげる必要があります。

 

やり方はひもの先端に「シューレースパイプ」を通してドライヤーで暖め、
いらない部分を切断します。

 

その後瞬間接着剤を隙間に埋め込むことによって
市販品のような仕上がりになります。

 

→楽天市場で「シューレースパイプ」を見る