一人暮らしの光熱費、食費節約術

光熱費節約術

スポンサーリンク

一人暮らしは地域、地方によって多少代わりますが、光熱費はさほどかかりません。エアコン、パソコン、照明を付けっぱなしにするくらいではないと高い!というところまでいきません。

 

電気代、ガス代、水道代を合わせて通常の一人暮らしだとおおよそ7000円から10000円くらいが平均だと思います。冬は暖房代が上乗せされるので多少上がります。夏も冷房代がかかりますが、暖房に比べると上がり幅は小さいです。

 

ただ限界まで切り詰めても下げ幅はそこまで大きくありません。どちらかというと毎月のスマホ代金やインターネット回線の料金の方が下げやすいのでそちらを優先して下げたほうがトータルでは節約になります。平均的な7000円から10000円程度まで下げられれば上出来だと思ったほうが良いでしょう。

 

電気代節約のコツ

空調の温度を調節する

エアコンは電気代の中でも占めるウェイトが高めです。これは温度調節で調整します。冷房は下げすぎず、暖房は上げすぎずです。

 

参考までに私は暖房は21度、冷房は26度設定にしています。人によって体感温度が違うので調節が必要ですが、これくらいの温度を目安にすると良いでしょう。

 

エアコンは1度変えると5%から10%程度電気代が変わるといわれているのでエアコンの温度調節は最優先で対処しましょう。

 

またコンビニに行く時などちょっとだけ出かける場合はエアコンは付けっぱなしが良いです。なぜかというと最近のエアコンは一度全力で設定温度まで近づけ、その温度付近になると低馬力での運転に切り替えます。

 

エアコンを切って温度が元の温度に戻ってしまうとまた全力でエアコンが運転する為電気代が余計にかかってしまいます。少しの外出程度ならエアコンは付けたままにしておきましょう。

※この運転システムはインバーター制御と呼ばれています。最近ではほとんど言われなくなりましたがインバーターエアコンという名称で宣伝されていました。ちなみに縦型のウインドウエアコンではこの機能が付いていないものもあるので注意。

 

コンセントのさしっぱなしをやめる

 

これは待機電力対策です。電化製品は使っていなくてもコンセントにつないでいるだけで電気を消費しています。コンマ数ワット程度ですが、複数個の家電製品があれば数ワット程度にはなります。

 

普通に抜くだけでも良いですが、ボタンでオンオフできるタップもあるのでそれらを使うのが簡単です。

 

水道代の節約術

まず水道代はどこで使われているかをざっと確認しておきましょう。

 

トイレ・お手洗い : 約30%
お風呂 : 約25%
キッチン : 約20%
洗濯 : 約15%
洗面所 : 約10%

 

このようになっています。この中でウェイトを大きく占める部分を節約していきましょう。

 

トイレの水道代を節約する

トイレの水道代節約というとタンクの中にレンガやペットボトルを入れる方法が有名です。ただこの方法を利用すると水圧が落ちてしまい、流しきれない、何回も水を流さないといけないという元も子もないことになってしまう場合があります。これはイマイチです。ですので以下の方法を紹介します。

節水グッズ「ロスカット」を使う

ロスカットは水圧を落とさず、排水量を約30%カットする商品です。一度設置するだけでメンテナンス不要なので手間もかかりません。

 

お風呂場の水道代節約

これは節水シャワーヘッドを利用するのが簡単です。シャワーの穴の数を減らして水の量を減らす商品です。またシャワーの蛇口をこまめに閉めることも大事ですが、節水シャワーヘッドにはオンオフするスイッチが手元についているものが多いです、まめにオフにする習慣を付けましょう。

 

食費の節約方法

一人暮らしを始める前は引越し代金や住居費用が気になりますが、住み始めると毎月の食費が気になってきます。家計簿を付けてみるとこんなに使ってたんだ…と唖然とすることがあります。

 

まだ家計簿を付けていない人はぜひ一度付けてみてください。よっぽど気をつけていないと結構な金額になっています。今はスマートフォンのアプリなんかで間単につけることができます。使ったその場で家計簿を付けられて付け忘れが少ないのでスマホアプリはおすすめです。

 

まずは私の何も考えずに食費を使っていた時の食費を例にしてみましょう。

 

オール外食で毎月8万円オーバー

朝食 なし(摂らず)
昼食 1000円
夕食 1000円
間食、ドリンク 300円
合計 2300円

これが一日の平均的な食費でした。一ヶ月で計算すると89000円くらいです。これで飲み会などを入れていないのでそれを含めると10万円オーバーしています。

 

内訳としては昼食は会社の先輩達と外食、夕食も外食です。仕事中に飲むドリンクが1日2本くらい、夏の暑い日は3本くらいは飲んでました。

 

ドリンクは1Lペットボトルor水筒

今までは500mlのペットボトルをちょこちょこ買っていたのでそれを少し割安な1Lペットボトルにしました。やる気があるときは水出しの麦茶を水筒に入れて持って行きました。これだけで全然違います。

 

夕食はレトルト食品

昼食は先輩、同僚と食べるので削らず、夕食だけレトルト食品+米だけ炊きました。安い金額で好きなだけお米を食べられるので満足です。全部レトルトというわけではなく、面倒くさい時は外食も適当にしています。生ものと違って、外食して少し放置していても腐らないのでレトルト食品は助かります。

 

無理はしないことを心がける

このような生活にして5~6万円くらいにおさまりました。もともとが高かっただけにこれだけ下がればまずまずです。

 

私は基本的に無理はしないようにしています。仕事やバイト、学校などで忙しい時は適度に外食したりして楽をし、体力がある時はレトルトなどで半自炊生活しています。

 

もちろん、詰めると完全自炊、栄養価の高い卵、もやしを中心に極貧生活を送ることも可能ですが、辛いです。まずは自分のやれる範囲までやってみてそこから調整するのが良いです。