法事(法要)の香典は新札?古札?

法事(法要)の香典は新札?古札?

スポンサーリンク

これは人によって色々と意見が違います。しいていうならばきれいめな(汚すぎない)古札を使うのがベターです。

 

新札を使っても良いですが、その場合は角や真ん中に折り目を付けて新札でないというアピールをするという方法があります。

 

お祝い事でない時は古札が基本

不祝儀の場合は新札を使わないというのが一般的で、仏事は全て古札を使うのが最近のマナーになっています。

 

結婚式や出産などお祝い事以外は古札を使えば良いでしょう。

 

お葬式などで新札を使わない理由

新札を出すと、死ぬのを新札を用意して待っていた、ととらえられることがあります。亡くなってほしくないのに亡くなってしまったので準備はしていないから財布に入っている古札をそのまま出すのがお葬式で古札を渡す理由です。

 

包む金額

金額は1万円~2万円程度が一般的です。故人との関係性などを考慮して包みましょう。

 

金額相場

関係性 金額
祖父母 1~3万円
両親 3~10万円
兄弟 3~5万円
親戚 1~2万円
その他 5000円~1万円

※関係性、自分の年齢によって変動有り。

 

金額を決める基準

施主が準備する食事や返礼品に相当する代金+関係性が目安です。そうはいっても行く前にどれくらいのものが準備されているかはわからないので常識的な金額として上記の金額相場程度を用意しておくのが良いです。

 

供物を贈るのもあり

現金ではなく供物(くもつ)を贈るという方法もあります。例えば仏式の場合は線香やお菓子を贈るという方法があります。

 

ただ式場が狭い場合はものが増えて、施主が困ってしまう可能性があるのであらかじめ連絡して確認しておくのがベターです。