消費者金融(サラ金)と闇金の違い

消費者金融(サラ金)と闇金の違い

スポンサーリンク

これまではサラ金なんて呼ばれてあまり印象の良くないキャッシングでしたが、
現在では三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、新生銀行など
多くの大手銀行がキャッシングに参入し、クリーンな印象になってきました。

 

 

ただ現在でも一般的にヤミキンと呼ばれる国(財務局)や都道府県に
貸金業としての登録を行っていない貸金業者が多く存在しています。

 

 

街角の電柱に張り紙している業者やスポーツ新聞、
タブレット紙、ギャンブル誌に広告が出されている金融業者などは闇金の可能性が高いです。

 

 

闇金融業者は法律の外で商売をしているので、出資法で定められている金利上限や
取り立て方法に何の制約もありません。

 

 

マンガでミナミの帝王や闇金ウシジマくんなんかでやっている世界ですが、
あれらも実際の取材に基づいて書かれており、マンガの世界と侮ってはいけません。

 

 

法律に縛られていないのでなんでもありの世界です。
これらは暴力団などの活動資金源になっている可能性もあるので
ヤミ金は絶対に使ってはいけません。

 

 

 

 

それに対してサラ金は

これに対してサラ金は出資法などの法律の下に営業をしており、
まっとうな貸金業者と言うことができます。
ただ昔の銀行などが関わっていない時代は、過剰な取り立てがあったようです。

 

 

現在は大手の都市銀行などがバックに付き、
社会的信用性も高くなり、過剰な取り立てをしようものなら
都市銀行の信用を落としかねません。

 

 

このようにキャッシングを取り巻く状況は変わり、
安心してキャッシングを使うことができる時代になってきたと言えます。

 

 

現在も独立したキャッシング会社(消費者金融)もまだ存在していますが、
社会的な信用の観点から銀行のグループ系列の業者から借りるのが
安心して使いやすいでしょう。

 

 

これからキャッシングを使う機会があるかもしれないという方は
銀行系のキャッシングをおすすめします。