一人暮らしの家具の配置

スポンサーリンク

家具の配置方法で部屋が広い、狭いと思うことはあります。物理的にはそれほど面積を取っていないと思っても実際に配置してみるとイマイチ、圧迫感があるということはよくあるものです。限られたスペースでできるだけスペースを広く見せる設置方法を紹介します。

 

 

部屋のドアを開けて見える範囲にはできるだけものを置かない

部屋のドアを開けて見える景色には極力ものを置きません。部屋の第一印象が悪くなります。設置しても背の低いベッド(マットレス)くらいがベストです。ごちゃごちゃ感を出さないように気をつけます。

 

 

背の高い家具は利用しない

これは鉄則ですね。背の高い家具は圧迫感を与えます。背が低めで自分の目線の高さまで高さがある家具は購入しないようにします。例えば天井まである本棚とかラックは置かない方が良いです。

 

 

壁にぴったり密着させる

基本ですが、できるだけ空きスペースを作る為に壁ギリギリまで使います。ベッドを部屋の真ん中に置くということは厳禁です。何部屋かあって、寝室専用の部屋を確保できる時だけです。

 

 

壁が見える家具を選択する

本棚やラックだと背にベニヤ板が付いているものがあります。こういったものではなく、突き抜けて壁が見えるものにします。壁が見えるだけで狭さを感じにくいです。