四十九日(七七日、満中陰)法要の服装

四十九日(七七日、満中陰)法要の服装

スポンサーリンク

故人の死後49日後に行われる四十九日法要の服装についてまとめました。基本的に一周忌、三回忌も同じです。

 

基本は喪服

参列者、遺族ともにの男性はスーツ(喪服、もしくは略礼服)です。中のワイシャツは白、靴下・靴、ネクタイは黒色です。柄物はNGです。

 

男性

項目 備考
喪服(略礼服) 黒色
ワイシャツ 白色
黒色
靴下 黒色
コート(冬) 何色でも可。毛皮や皮革、派手なものは避ける。
数珠 何でも良い

 

女性

項目 備考
喪服(ワンピース、スーツ、アンサンブル) 黒色
ブラウス 白色
黒色
靴下、ストッキング 黒色
コート(冬) 何色でも可。毛皮、皮革、派手なものは避ける。
バッグ 黒色
アクセサリー 真珠のネックレス(イミテーションも可)。ゴールドのものは避ける。
数珠 何でも良い

 

数珠を持っていない場合は安いものでも良いので用意しておきましょう。

 

→数珠を楽天で探す

 

冬場の服装

喪服だけでは肌寒い季節はコートを着ても構いません。ただ会場では脱ぐ必要があります。ビジネスマナーと変わりません。

 

注意点として、コートの素材があげられます。毛皮や皮革などの動物の素材が使われているものはNGです。手袋やマフラーも同様です。

 

学生の服装

制服があれば制服を着用します。ない場合は以下の服装を用意します。柄物、派手なものは当たり前ですがNGです。もっていない場合はあらかじめそろえておきましょう。

 

男子

項目 備考
ブレザー 黒、紺、グレー
ワイシャツ
ズボン 黒、紺、グレー
黒、紺、白(スニーカーも可)
靴下

 

女子

項目 備考
ブレザー(ワンピースも可) 黒、紺、グレー
ブラウス
スカート 黒、紺、グレー
黒、紺、白
靴下(ストッキング)

 

こちらもまだ数珠を持っていない場合は用意して置きましょう。

 

→数珠を楽天で探す