授乳をやめる

スポンサーリンク

私の最近やめたことを紹介します。

 

 

それは、授乳をやめました。娘が一歳になり、一歳を機にやめました。私、名前はくろゆかと申します。30代女性只今育児真っ最中です。毎日3歳の娘と一歳の娘と格闘の日々を楽しく過ごしております。その中でも卒乳は母、娘にとってビックイベントです。今は母乳育児が推薦されており、卒乳はいつか迎えなくてはいけません。

 

 

卒乳のメリット

まず卒乳のメリットは、その1母乳をやめると私の娘の場合よく食べるようになりました。その2夜中起きずに朝までぐっすり寝るようになりました。その3パパや祖父母にも預けやすく母親が病院や外出しやすくなるなどです。

 

 

卒乳の仕方のおすすめは卒乳する予定を立て、少しづつ母乳の回数を減らす。次女の時は朝をまずなくしました。その次にお昼ご飯のあとをやめ、寝る前、最後は夕方という順番1週間ごとくらいづつ回数を減らし母乳をやめていきました。

 

 

私が実際に実施した話

だいたい夜寝る前がなかなかやめれないと聞きますが、うちの次女の場合は、よるのお風呂上がりは母乳ではなくミルクに代えて寝る少し前にお風呂に入れてました。お腹が空きすぎるとねれないとおもうので、夕御飯も少し時間を遅くしました。それから一番大事なことは、「○月○日におっぱいバイバイしようね」と赤ちゃんに話して行くことです。次女のときは長女のときの経験がありましたので、ほんと寂しいくらいすんなりと卒乳に至りました。

 

 

長女の時の話をしますと、長女は離乳食をほとんど食べてくれず、一歳になってもほとんど母乳で栄養を摂取していました。便も一歳でも赤ちゃんうんちでしたから。当時離乳食を食べてくれないので、悩んでました...。母乳をやめたらご飯食べるようになるよ!とママ友から聞いた私はとっさに今から断乳しようと決意し、 無計画で自分のおっぱいも大変なことになるとはしらずに卒乳を強行突破に行いました。

 

 

1日10回以上飲んでたので、胸はパンパンにカチカチに腫れました痛みで泣いてる娘を抱っこするのもかなり苦痛でしたが娘も我慢して泣き止みません。1日目は夜もほとんど寝ず泣き続き、それから毎日午前中も午後も児童館や公園に気分転換に遊びに行きました。お風呂は上は服を着て入り...1週間が勝負でしたが、なんとか乗りきれました。出掛けるときはおやつにおにぎりをもって三時間に一度あげてました。これから卒乳の方は私の長女の時のようにならないように計画的に進められることをおすすめします。この記事がどこかの育児中のお母さんの為になると幸いです。