相手の自身に対する評価を気にするのをやめる。プラス思考すぎるのをやめる

スポンサーリンク

みえば~、30代、女性

 

相手の自身に対する評価を気にすることをやめることで、精神的なストレスが軽減となり、自身の意見が素直にいえるようになると思われます。ほかには、くよくよと悩むといったこともなくなることでしょう。

 

 

やめる方法は、悪口等、自身のこと以外でもあまり話に乗らないということであります。自身ではない他の方の評判や悪口を耳にすることで、自身はどう思われているのかが気になるものであります。そういう話に関わらなければ、自身の評価も気にならなくなると考えられます。

 

 

他には、自己評価を下げるということを行う。自己の評価が低ければ、相手の自身に対する評価が低くてもあまり気にならなくなるといえるでしょう。これぐらいのスキルやレベルであれば、多様にいるという心持でいれば、相手の評価がどうであろうとも気にならなくなるといえるでしょう。

 

 

評価されるということは、相手に気にかけてもらっているというプラス思考な気持ちをもつことも大切であり、重要です。プラス思考ばかりといった偏った考え方はよくないかもしれませんが、マイナス思考という考え方はやはりそれ以上によくないと考えられます。マイナス思考は、自身の精神が病んでしまう原因でもありバランスのよい柔軟な思考が大切であり、重要です。

 

 

考え方も固持といったことをやめるといったことも必要です。同じ考え方をする方ばかりではなく、とらえ方も人それぞれです。一部を見て判断とする方もいれば、全てを見て判断とする方もいるのです。批判する方、酷評する方を見て、自身は反面教師として同様のことをしないということが一番です。自身が不快・気分が悪いと思うことは、他の方も同様に思うことであります。

 

 

自分が嫌だということは、決して行わないことそれを念頭に日々の生活をおくりましょう。それを第一に行うことで、相手の評価も気にならなくなりもし評価されても悪く評価されることはないでしょう。相手の見方と自身の見方とは異なるものです。無理にいっしょにすることが間違いだと考えられます。異なるからこそ楽しい、あまり考えこまず人生を自分のやり方で楽しむことを考えましょう。

 

 

気にしすぎて、自身の意見が言えないということは、楽しく生活することは難しいことでしょう。楽しい人生だった、悔いのない人生だった、やりたいことをやりきったと思える人生それを成し遂げるにはあまり人の目をきにしすぎないそれが大切であり重要です。