いつまでも美しい外見でいたいために努力するのはやめる

スポンサーリンク

みどり 30代前半女性

 

20代とくらべてあきらかに違ってきたもの、それは肌の質やツヤです。20代のころは、何もしなくてもつやつやとみずみずしい肌でした。色も白く自慢の肌でした。

 

 

それが、30代になったら、毛穴も開いてきて、くすみがちになって、あきらかに20代のころの質感とは違ってきました。今、エイジング化粧品や、若返りの美容整形なども大変人気があるようです。現代の歳を重ねた女性は、今よりもマイナス10歳は若く、もっと若く、と、とても努力していると思います。外見を若くすることで、気持ちも若々しくなって、周りからも誉められるととても良い気分だと思います。

 

 

いつまでも若くいるのは不可能

しかし、本当にいつまでも若くいるという願いは残念ながら叶いません。どんな人も、年をとり、シワも出来ます。これは自然な現象です。エステに通い、シワにボトックスを注射し、高級な化粧品を使い続けたところで、老化を完全に食い止めることはいまのところはできません。どんなに努力しても、やがては衰えてきます。完璧にきれいになるのは難しいのが現実です。

 

 

それならば、シワやシミばかり気にして、そのたびに新しい化粧品を試したり、整形を考えたり、落ち込んだりしているよりは、老化を受け止めて、少しくらいシワがあっても、笑顔のすてきな人になるほうがいいのではと思い始めました。私も、20代のころとは変わってしまった外見にがっかりして落ち込んでしまっていましたが、年をとっても素敵だなという人に出会ってその考えも変わりました。

 

 

私の習い事の先生たちですが、年は60を超えていますが、本当に生き生きとしています。その生き生きとした生き方が、表情やしぐさに現れていて、しわがたくさんあってもとてもはつらつとした笑顔で美しく見えます。

 

 

私は常に美を追求してきましたが、もう美を追求するのはやめようと思いました。やめるといっても、決してオシャレや日々のケアを怠っているわけではありません。完璧な美を求めるというのを辞めるといったほうがよいかもしれません。

 

[PR]受講生3万人突破!300種類の習い事を運営する「Cyta.jp(咲いた.jp)」


実際にやめる方法

やめる方法は、インターネットでいろいろな美容情報を検索するのをやめること、お店で美容グッズばかり見るのをやめることが主でした。やめて良かったことは、

 

  1. 高価な美容グッズは必要ないのでお金はかからなくなった
  2. 美容以外のものにお金をかけらるようになった(読書や旅行など)
  3. 自分の時間が増えた

 

美しいことはたしかに素敵です。しかし、内面の美しさというものは、年をとるほどに増してくるものだと思います。化粧品にお金をかけるより、自分の内面を豊かにすることや、笑顔で過ごすことが綺麗に年を重ねるということだと思っています。