いい人をやめる。しんどい時はしんどい顔を。

スポンサーリンク

ゆうこ 30代 女性

 

私は、小さいころからどちらかというと、先生や親の言うことをきちんと守る、勉強もきちんとする、「良い子」でした。良い子と評価されることがとてもうれしかったのです。

 

 

しかし、自分も成長するにつれ、いつの日か他人にものすごく気を使っている自分に気がつきました。学校を終え、帰宅するともうくたくたでした。友人に気を使いすぎて、嫌われないように、いい人でいようと思っていたのです。それは、中学、高校、大学、そして社会人になっても基本的に変わりませんでした。

 

 

特に、社会人になってからその演技したような自分が以前よりももっと現れるようになりました。職場では、苦手な人もいます。いろいろな人と仲良くなっていくためには、自分はいい人と思われなければやっていけないと思ったのです。いい人と言われることで、安心して周りと付き合うことができていました。どんなに辛いことがあっても、本当はやりたくないような仕事が自分に回ってきても、「いい人」な私は、「大丈夫ですよ」と引き受けていました。しかし、家に帰ってから本当に疲れてしまって、家族にいらいらをぶつけてしまったりと良くないこともしていまいました。

 

 

あるとき、職場の先輩に、「あなた、もう少し自分の思った気持ちをそのまま出してもいいと思うよ。むりに、愛想よくふるまう必要もないよ、自分がしんどくなるよ」と言われました。私は驚きました。その先輩はどちらかというと、クールで人とあまり関わらない、どちらかというと、男っぽい女性だったので、私もあまり話をしたことはなかったのです。でも、仕事はきちんとして、言いたいことはしっかり言う、そんなタイプの先輩でした。しかし、周りからの評価はいい先輩でした。

 

 

私はそのときから決めました。いい人を辞めよう!どういう風にやめたかというと、以下のような行動をしただけです。

 

 

私は、しんどいときにはしんどい顔も出すようになりました。友達からの誘いも、断ると悪いなと思ってたいてい承諾していましたが、しんどいときは断るようにしました。最初は「あれ、なんか最近彼でもできたの?」などとがっかりしていた友達も、理解してくれるようになりました。それでも、今でも友情は変わりません。

 

 

そして、嫌われても大丈夫、という心を持つようにしました。みんなに好かれようとするのは難しいことです。辞めて良かったことは本当の気持ちに素直に行動することで気持ちが楽になったということです。いい人ではなく、じぶんらしい人に近づいたということです。素直に自分の気持ちを出しても、自分のことを理解してくれる人は大勢いるということが分かった、ということです。