流行のファッションを追うのをやめる|ものを大切にできるようになった

スポンサーリンク

執筆者:30代、性別:女性(主婦)

 

私は昔からオシャレをすることが大好きで、いつもはやりのファッションは雑誌などでチェックをしていました。

 

 

私が一番オシャレに気を使ったのは大学生の時です。私の大学は私立大学で、オシャレな人も本当に多かったのです。高校生のときは、オシャレしたくても、なかなか髪の毛などは自由に出来なかったので、大学では思い切りオシャレにしようと入学したつもりだたのですが、周りのレベルが本当に高くて驚きました。

 

 

私もオシャレにしていたつもりが、なんとなく古臭いのは、流行を抑えていなかったからかもしれません。私は、高校生でアルバイトなどもできなくてお金がなかったので、ファッションにお金をかけることがあまりできませんでした。大学に入って、アルバイトをするようになったら、自分の好きな服が買えるようになりとても嬉しかったのを覚えています。

 

 

自分で稼げるようになるともっと加速

自分で稼いで自分でオシャレができるようになったら、流行にとても敏感になってきました。流行りのファッションをしていることで、周りと一歩差がついた気がしたりしていました。逆に、流行りのものを友人が先に着用していると、先を越されたと思ったりしたこともありました。ファッションは、自分の表現でもあるので、お気に入りのものを着ていると、とても安心します。

 

 

また、いつもオシャレにしていると、友達からも誉められとてもいい気分になります。いつしか、「ファッションリーダー」と呼ばれるようにもなりました。私は、季節ごとに、流行の服を買うのが当たり前のようになりました。

 

 

社会人になっても変わらず

社会人になってからも、そういう状況は続き、デートや合コンにも頻繁に出かけるようになってそのたびに服を変えていました。いつの間にか私のクローゼットは収まりきらない服でパンパンになって行きました。30歳で結婚し、専業主婦となり、私はある決意をしました。
流行のファッションを追うのはやめよう!

 

 

私は、物が多いことにメリットを感じなくなりました。それは結婚後自分が病気になったときに感じたことでもあります。ものが沢山あっても着飾っても、得るものは少ない。そう思いました。

 

 

流行を追うことをやめた時のメリット

私が流行のファッションを追うのをやめて次のようなメリットがありました。

  1. お金を使わなくなった
  2. 物を買う時に本当に気にいったものだけを買うように慎重になった
  3. ファッション雑誌や洋服店めぐりに前より時間を割かなくなったぶん、他にしたいことをする時間が増えた
  4. ものを大切にするようになった

 

やめる方法

やめる方法は簡単です。雑誌を買わない、洋服店に足を運ぶ回数を減らす、お金を多く持ち歩かない(衝動買いを防ぐため)これを実行しました。流行りのもので身を固めなくても、充実した毎日は送れます。