こたつをやめる。家事が面倒じゃなくなった

スポンサーリンク

執筆者:ミズキ、年代:30代、性別:女性

 

こたつをやめるメリット

  • 部屋を広く使える
  • 家事が面倒じゃなくなる
  • 健康を維持しやすくなる

 

こたつはこたつ布団や敷布団を伴う為、その分部屋が狭くなります。特にアパート暮らしの場合は少しでもスペースを確保したいのではないでしょうか。また、マンションや一戸建てにおいても最近ではフローリングの床が主流になってきて和室が無い家が多い傾向にあります。洋室にこたつでは正に和洋折衷。ちぐはぐなコーディネートの部屋になってしまいます。こたつのスペースだけ和風の仕切りでも立てれば統一感は守られそうですが、それもやはり場所をとります。

 

ワンポイント

こたつのサイズは色々ありますが、メジャーなのは75×75cm。一人暮らし向けに60×60cmのものもありますが、主流ではありません。縦長のものもあってそれは一辺が100cmオーバーのものも。

 

楽天市場こたつデイリーランキング

掃除が面倒

こたつがあると面倒なのが掃除です。敷布団の上には当然日々の生活で出たチリやほこり、食べカス等が落ちます。勿論、粘着テープや掃除機で吸うなどの掃除は欠かせません。そして、こたつ布団の中。ここを掃除するにはふとんを捲り上げての作業になります。籠った空間なので匂いが気になる人もいるでしょう。こたつがあるだけで普段の掃除に更に手間が掛かる事になります。

 

 

こたつは確かに温かくて居心地の良いものです。居心地が良いと、そこから抜け出て動くのが嫌になりますね。それでも仕事や緊急の用事ならばすぐに動かざるを得ませんが、後回しでもいいような用事であればなるべく長く居心地の良い場所に居たいと思うのが人間です。

 

 

また、こたつに入っていると下半身は温まりますがそれに比べてふとんから出ている上半身は寒く感じやすいです。来客中ならばしないでしうが、家族だけで過ごす団欒のひと時であればこたつ布団に潜り込みたくなります。トイレ等の用以外は極力出ないという人も居るでしょう。

 

 

肩まで潜って横になり、身体が温まるとどうなるか。こたつから出るでしょうか。いえ、眠くなるのです。うたた寝を始めます。毎日では無くても、こたつでうたた寝を経験したことのある人は多いと思います。うたた寝をしている間に身体が熱くなり、ふとんから出てそのまま寝続ける人もいます。家族の中には熱くては可哀想だとこたつの電源を切っておいてくれる場合もあるでしょう。そうして何時間か、または朝までこたつで寝た結果どうなるでしょうか。気持ちよく目覚める事ができますか?大抵の場合は風邪を引くと思います。

 

管理人のワンポイント

足元が冷えるのでこたつが好きという人だとルームブーツを履くというのもありだと思います。私自身、末端冷え性で悩んでいましたが、買ってみると抜群で冬の手放せないアイテムになりました。冷え性の方にはおすすめです。

 

FARG&FORM moz(モズ) エルク ルームブーツ ボアを楽天で見る

こたつをやめる方法

こたつを買わない。これが一番です。どうしてもこたつに入りたくなったら、長きに渡って仲の良い友人か実家を訪ねるといいと思います。また、マイクロファイバーのブランケットもお勧めです。寒い時に包まると、こたつ布団のように温かくて肌触りも気持ち良いです。使わない時にはすぐ畳んで仕舞えて場所を取らないというのも良いです。

 

ワンポイント

最近だと着る毛布なんていうものもあります。その名の通り着るタイプで衣服のような使いごこちなので家事をする時にも邪魔になりません。こたつから離れるにはおすすめのアイテムです。

 

着る毛布グルーニー(楽天ショップ)